痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

カット系サプリと燃焼系サプリの成分・効果・違いとは?

カット系サプリと燃焼系サプリの成分・効果・違いとは?

タイトル・カット系サプリと燃焼系サプリの成分・効果・違いとは?

ダイエットサプリは大きく二つにわけて、

・カット系サプリ
・燃焼系サプリ

の二つにわけられます。

しかし、この二つ。

何となくの違いは知っていても、具体的に何がどのように効果があるのか、知らない方も多いと思います。

今回は、カット系サプリと燃焼系サプリの効果と違いを、成分なども含めて、ご紹介いったします。

カット系サプリとは?

これはカロリーカット系のサプリメントの略称で、その名の通り、食べたしまった食事から接種されるべきカロリーをカットし少なくしくれるものです。

このカット系のサプリには、主にギムネマ、キトサン、サラシア・桑の実などの成分がはいっています。

ギムネマ

ギムネマとはインドの伝統的医療方法の一つ「アーユルヴェーダ」でも利用されるハーブです。

(アーユルヴェーダとは一般的に額にオイルを垂らす物を想像するかと思いますが、あれはシロダラというアーユルヴェーダの一つで、予防医学のアーユルヴェーダはさまざまなものがあります)

ギムネマの正式名称は「ギムネマ・シルベスタ」と言います。

また別名を「グルマール」といい意味はヒンドゥー後で「甘みを壊すもの」となります。

これはギムネマを噛み数分すると、口の中が甘みを感じなくなる事から、つけられた名前だそうです。

これはインドの昔の糖尿病予防やダイエットにも利用された方法で、ギムネマを葉っぱを噛んだあとに食事をとると甘みを感じないので食事が美味しくなく、あまり進まないという使われ方をしていました。

また、ギムネマに含まれるギムネマ酸は糖の吸収をおさえる効果があり血糖値の上昇を防ぎ、ダイエットだけでなく糖尿病の予防にも効果的です。

またコレステロールを下げる効果もあるという研究データもあり、減量、病気などにも活用のできます。

ギムネマの効果は腸から糖質の吸収を抑制するものなので、食前に接種するのが効果的です。

キトサン

一般的にキトサンと呼ばれる物の正式名称は「キチン・キトサン」と言います。

キトサンの基本的な作り方は、カニ殻(キチン)をアルカリ溶液で長時間煮込むことで精製されます。

キトサンは血管壁のコレステロールを取り除いたり、体内にはいった糖質やコレステロールの吸収が押さえられる事がわかっています。

また、キトサンを摂取することで腸内環境がよくなり、老廃物が流れやすくなる事によりデトックス効果も期待できる成分です。

サラシア

サラシアには糖の吸収を押さえ抑制する効果があります。

サラシアは腸の脂肪代謝酵素を阻害し脂肪の吸収を押さえ、さらに体内に蓄積された脂肪組織を分解する働きも確認されています。

これらの効果はサラシアに含まれる、デルペノイド類やポリフェノール類、マンジフェリンなどの成分のよっておこります。

こちらも、予防医学のアーユルヴェーダで使用されるハーブとして有名です。

またサラシアを摂取すると腸内環境を悪くする、悪玉菌を減らして便通をととのえ、肌トラブル改善、デトックス効果もあります。

桑の実

桑の実に含まれる成分としてアントシアニンがあります。

アントシアニンは脂肪が腸内で吸収されないように、包み込み体外へ排出する助けをします。

またアントシアニンは血液をさらさらにしたり、肝機能向上、免疫力を高めたりと、ダイエットをするときに必要なコンディション管理をサポートしてくれます。

カット系サプリまとめ

上記のような成分がはいっている事により、余計な栄養分をカットして、食べ物からの吸収をカットするのが、カット系サプリです。

燃焼系サプリとは?

燃焼系サプリとは、その名の通りカロリーの燃焼を助けるサプリです。

シボヘール

含有される主な成分としいて、カプサイシン・カフェイン・アミノ酸(リジン・アルギニンetc..)などがあります。

カプサイシン

カプサイシンとは唐辛子の辛み成分です。

サプサイシンにはアドレナリンンを分泌させる効果があり、その結果、全身の血行がよくなり発汗作用や脂肪分解を促します。

しかしカプサイシン自体は脂肪分解を促す効果はあるが、それ自体で脂肪を燃やす効果はありません。

ですのでウォーキングなどの有酸素運動と組み合わせることが必要です。

カフェイン

コーヒーなどに入っている成分として有名なカフェイン。

人はリラックスをしている時に働く「副交感神経」と、動いたり緊張しているときに働く「交感神経」という神経のシステムがあります。

交感神経が働いている時は、体も脳もONの状態となり、エネルギーを使いやすい状態となります。

反対に副交感神経が働いている場合は、体が休息をとろうとOFFになるので、エネルギーが消費しにくくなります。

カフェインは交感神経をONにする働きがあるので、
摂取することで、エネルギーを消費しやすい脂肪を燃やしやすい状態になるのです。

カフェイン自体には脂肪燃焼の効果はないので、運動と組み合わせることが必要です。

アミノ酸

アミノ酸には主に体力アップや疲労回復、免疫力の回復などの効果があります。

アミノ酸は約20種類以上ありますが、その中でもよく燃焼系サプリにはいっているのが、必須アミノ酸のリジン、非必須アミノ酸のアルギニンです。

体内にはリバーゼという脂肪燃焼酵素があり、この
リバーゼの働きを活性化さあせるのがアミノ酸です。

リバーゼが活性化されると、体内にたまっている
体脂肪の分解がはじまり、それが血液中に送り込まれます。

この体脂肪をエネルギーとして燃焼させるのにポイントとなるのがウォーキングなどの有酸素運動です。

アミノ酸は糖と同じだけのカロリーがあるので、有酸素運動をしなければ、脂肪は分解される前の形にもどり体内にふたたび蓄積されることになります。

アミノ酸も有酸素運動を組み合わせることが必要です。

燃焼系サプリまとめ

このように燃焼系サプリは、それだけで痩せるものではなく、ウォーキングなどの有酸素運動と組み合わせることで初めて効果をえることができるのです。

カット系サプリと燃焼系サプリはどっちが良い?

結論からいうと、どちらも状況によって使い分けることが良いでしょう。

たとえば今日は飲み会で沢山たべるかも…、といったときは食事前にカット系サプリをのみ、今日はお休みだからダイエットのためにウォーキングをしよう!というときは運動の30分前くらいに燃焼系サプリを
のみましょう。

どちらのサプリもそれだけで体重が減るものではないので、正しい食事制限と、適度な運動で健全で美しい体を目指しましょう。

絶対に痩せたい方へ

『ダイエットがうまくいかない…』

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

『どうにか痩せたい…』

そう思う方も少なくないと思います。

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

☆下腹・お腹が気になる方へ
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼
理想のメリハリボディーを目指す方はコチラ

☆食べながら痩せたい!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼
キレイになって自信の持てる私になりたい!

☆スリム美人を目指す!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼
ワンサイズ小さい服が着たい方はコチラ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント