痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

短期間で確実に痩せる方法(お腹編)

短期間で確実に痩せる方法(お腹編)

ぽっこりとした、お腹。

夏はプールや海にもいくのが恥ずかしいし、人前でお腹を出すことも出来ないと思います。

男女ともに、異性が太っていて一番イヤな部分は「お腹」というデータもあります。

また、お腹がぽっこりしていることで、何事も積極的になれなかったり、自分に自信がもてずに、内向的になり、笑顔で過ごしていくことが難しくなってしまうこともあります。

お腹のぽっこりは、自信のバロメーター。

考えてみてください。

『横からみても、スッキリへこんでいるお腹』

『うっすら腹筋が割れて見える、かっこいいお腹』

『誰の前でも自信をもってお腹を見せれる脱げる体』

もしも、このようなお腹になれたら、人生が今よりもグッと楽しくなるような気がしませんか?

気がするのではなく、絶対に楽しくなると思います。

こう考えると、今のぽっこりお腹を1日でも早く解消したいと思うはずですよね。

今回の「短期間で確実に痩せる方法(お腹編)」では、誰でも簡単にぽっこりお腹が短期間でヘコむ方法をご紹介致します。

下がった内蔵を持ち上げよう

ぽっこりお腹、下腹が出ている原因の多くが、内蔵がさがってりる事です。

内蔵が下がる?と思うかもしれません。

しかし年齢や運動不足でお腹周りの筋力が落ちると、筋肉によって支えられていた内蔵が、お腹の下のほうにさがってきてしまうのです。

まだデスクワークや座っていることが多い方。

お腹の上のほうは、そこまでなのに、ズボンにお腹がのっかってしまう場合は、内蔵がさがっている場合を疑いましょう。

この内臓の下がりを解消するには、単純に筋力を鍛えればいいのです。

激しい筋トレはちょっと…、とかんじるかもしれませんが、誰でも簡単にできる方法で、お腹周りの筋力は鍛えられます。

それは、クランチとレッグレイズ(足上げ)です。

クランチのやり方

クランチ

1、仰向けに寝て、ひざが直角に曲がるように足を上げる。

(椅子や台などに足をのっけると、やりやすいです)

2、手を胸の前でクロスさせる。

(手をクロスさせることで、正しいフォームで効果的なクランチができます)

3、息を吐きながら、背中を丸めるようにして上体を起こす

(このとき息をとめてしまうと効果が半減します、腹筋をグッと絞り込むようなイメージで)

4、息を吸いながら、最初のポジションにゆっくり戻す。

(コツは焦らずゆっくりと、1日10回を3セット行いましょう)

仰向けになり、ひざが直角に曲がるように脚を上げる
手は胸の前でクロスさせるか、耳の横あたりに軽く添える
息を吐きながら、背中を丸めるように上体を起こしていく
息を吸いながらスタートポジションに上体を戻す

レッグレイズ(足上げ)のやり方

レッグレイズ

1、仰向けに寝て、足を浮かせます。

(ヒザは軽く曲げておきましょう。)

2、勢いをつけずに、ゆっくりと足をあげていきます。

(反動をつけておこうと、効果が半減します。)

シボヘール

2、足が真上にあがり、負荷が完全になくなるところまで上げずに、ぎりぎりのところまで上げたら、ゆっくり戻していく。

(負荷が下腹に感じるように、これを1日15回を3セット行いましょう。)

何時でも何処でもできる最強のドローイン

ダイエットに興味のある方ならドローインを聞いたことが一度はあると思います。

ドローインはとても効果的な方法で、1日たった30秒を10回、1日2セット行うだけで、一週間後にはウエストが3cmもへこんだ方がいるくらいです。

ドローインはお腹をへっこますことで、お腹の筋肉が形状記憶して、短期的にウエストサイズがダウンします。

またドローインは普通の筋トレでは鍛えにくいインナーマッスルが鍛えられてお腹が引きしまると共に、筋力アップにより基礎代謝が上がります。

またお金もかからず、いつでも何処でもできるのが魅力でしょう。

ドローインのやり方

ドローイン

1、お腹を膨らませるような感覚で、ゆっくりと息を吸い込んでいく。

(姿勢を正しくし、肩を引き胸をはるような姿勢で)

2、限界まで息を吸い込んだら、息をとめて酸素が体に送られているのを感じましょう。

(このとき、お尻に力をいれ、お尻の穴をキュとしめるイメージで行うこと)

3、酸素が体に流れるを感じたら、お腹をへこませながら息をゆっくりはきましょう。

(お尻の穴をキュッとしめて、へそを中心にお腹の全体をグ~~っとへこます感じで行うこと)

4、息を限界まで吐き、そのお腹をへこませた状態で30秒キープ

(キープしている時は、へこませたお腹が戻らないようにすれば浅い呼吸で息をしても問題ありません)

これを1日10回、3セット行いましょう。

短期間で確実に痩せる方法(お腹編)まとめ

短期間でお腹をへこます考え方は、衰えたお腹周りの筋力をあげることです。

お腹周りの筋力を鍛えることで、下がった内臓がもちあがり、さらに筋肉のコルセットでキュとお腹が引き締まって見えます。

紹介した方法を実戦していただくだけで、一週間後には鏡をみて嬉しいビックリを感じるはずですよ。

お腹やせは正しいやり方でないと、なかなか効果が出にくい部分痩せなので是非チャレンジしてみてくださいね。

絶対に痩せたい方へ

『ダイエットがうまくいかない…』

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

『どうにか痩せたい…』

そう思う方も少なくないと思います。

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

☆下腹・お腹が気になる方へ
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼
理想のメリハリボディーを目指す方はコチラ

☆食べながら痩せたい!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼
キレイになって自信の持てる私になりたい!

☆スリム美人を目指す!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼
ワンサイズ小さい服が着たい方はコチラ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント