痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

産後ダイエット方法おすすめbest3

産後ダイエット方法おすすめbest3

子供を産むと、体型が変わるどころか、痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

これは、

・骨盤のゆがみ
・妊娠中にため込んだ脂肪
・基礎代謝の減少

などの複合的な原因が関係しています。

子供を出産しても母としてだけではなく、女性として綺麗に生き生きと暮らしたいものですよね。

今回の「産後ダイエット方法おすすめbest3」では、初めての出産後、または妊娠中だけど体型が気になる方に合わせた方法をランキング形式で、ご紹介致します。

第三位・マタニティヨガ

マタニティヨガは妊娠中にも産後にも出来るダイエットおすすめ方法です。

ヨガは誰でも出来る簡単なものですが、体の老廃物を流したり、インナーマッスルを鍛えたりと、妊娠中、産後にぴったりのダイエット方法です。

妊娠中におすすめのマタニティヨガ

なんとなくヨガというと難しいポーズをしたり、体が硬いとやりにくそうなイメージがあると思いますが、妊娠中にやるべきマタニティヨガはいたって簡単。

そして、妊娠中のマイナートラブル、

「妊娠すると同時に大量に分泌される黄体ホルモンが原因の吐き気、胸焼け、げっぷ」

「大きくなった子宮により、臓器が圧迫されおこる、動機、息切れ」

「胃腸の働きが弱まり、子宮に圧迫されることによる、便秘」

などにも効果的です。

体を圧迫しない、ゆったりめの服装で、自宅の布団やマーペットの上で行って下さい。

ヨガマットがあれば尚、良いでしょう。

・カパーラ・パーティ(座って呼吸のポーズ)

座って呼吸ヨガ

背筋をのばし顎を軽く引いた状態であぐらをかきましょう。

ヨガの基本的な呼吸法は「腹式呼吸」です。

これは口を使わずに鼻で行うと腹式呼吸になるので覚えておきましょう。

肩の力を抜いてリラックスし鼻呼吸で、鼻からゆっくり大きく息をすいます。

大きく吸った息を鼻から、「スッスッスッ」とリズミカルに小刻みに吐いていきます。

これを10回3セット行ないます。

・ヴィダーラーサナ(猫のポーズ)

ヨガ キャット

このポーズは陣痛予防と、安産に大切な腹筋運動になるポーズで

四つん這いになって、手足を肩幅にひらきます。

息を吸いながら天井を見上げるように状態をそらしていきます。

今度は息を吐きながらお腹のおへそをみるようにします。

スタートポジションに戻り、これを3回繰り返しましょう。

・チェトシ・パーダアサナ(腰上げのポーズ)

ヨガ 腰上げ

これは骨盤底筋を引き締めるポーズです。

妊娠後期に多い失禁予防にもなります。

おあ向けになり両ひざをたてて、かかとをお尻につけます。

(かかとがお尻につかない場合は、無理のない程度お尻のほうへ)

そして、かかとがお尻の外にくるように、ひざを大きく開きましょう。

両足の裏で床をもちあげ、お尻の穴をしめる感じで、3回ほど呼吸をしながら静止します。

ゆっくりと腰をおろしもとのポジションに戻りましょう。

産後におすすめのマタニティヨガ

産後の場合は、妊娠中と違い、大きな動きのヨガでも問題ないようになります。

産後ダイエットは六ヶ月までが勝負といいますが、このヨガは産後3か月~1年の方におすすめのものなので、産後すぐからでも、時間がたっていても効果を期待できるヨガです。

わかりやすい動画ですので、是非チャレンジしてみてくださね。

▼人気のヨガグッツストアーはこちら(公式サイト)▼



第二位・マタニティカイロプラクテック

カイロプラクティックとは整体のようなものです。

正確にはカイロプラクティックと整体は違うものなのですが、同じものと考えても問題はないでしょう。

シボヘール

カイロプラクティックは体の歪みを直す事ではなく、バランスを整える事です。

人それぞれ癖や、姿勢の違いがあるので妊娠中、産後のその人に合ったバランスを作る事で、体全体にかかる負担を軽減させることができます、

妊娠中期以降、お腹が大きくなるにつれ、腰痛・肩こり・頭痛・背中の張り・首の痛みなどが出てくる方もいます。

これは妊娠での運動不足による筋力不足や、重心の変化による姿勢の変化等で体のバランスが崩れるからです。

バランスが崩れると老廃物もたまりやすくなっと太りやすく痩せにくくなります。

マタニティカイロプラクティックの施術により、こうしたバランスが整うので、妊娠中でも産後でも太りにくく痩せにくい体になります。

マタニティカイロプラクティックを受ける場合は、プロの施術を受けるのが良いので気になった方は探してみてくださいね。

第一位・骨盤の歪み解消

出産後、妊娠中には骨盤が歪みます。

これは胎児が子宮で、すくすくと大きくなる課程でよく起こる現象です。

しかし、この骨盤の歪みはほおっておくと、痩せにくく太りやすい体質になってしまうのです。

骨盤が歪むと、体の老廃物が流れにくくなり、体内にいらない物を溜めやすくなってしまいます。

その結果、痩せにくく太りにくい体になるどころか、肌の調子も悪くなったり、便秘になったりと女性特有の悩みが沢山でてきてしますのです。

そうならないためにも、産後、妊娠中の骨盤ケアが大切です。

・妊娠中の骨盤ケア

妊娠中は知っての通り激しい運動はできません。

ですので、骨盤ベルトなどで骨盤の歪みを最小限に押さえることがポイントになります。

骨盤ケアは早ければ早いほど良いので、妊娠が発覚したときから、骨盤ベルトで歪みを押さえましょう。

また、妊娠初期でも「リラキシン」という物質の分泌により、出産に
備えて骨盤が広がりはじめ、そして歪んでいきます。

ですので骨盤ケアは出来れば妊娠初期からするのが効果的。

また妊娠初期の段階で骨盤ケアをすことで、骨盤が歪まず子宮が正常な位置に上がり、子宮も胎児も正しい位置に保たれ出産も安産となります。

・産後の骨盤ケア

産後の場合、個人差はありますが骨盤が歪んでいると、早い段階でケアをしなければ骨盤が歪んだまま固まってしまいます。

固まり始めるのは産後六ヶ月後からです。

この時期までに骨盤ケアをしないと、歪んだ状態の骨盤が固まり、ずっと太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

昔の女性は子供を産み、年齢をかさねると体型がかなりかわりますが、現代の女性は産後も綺麗なままの方も多いです。

この違いは産後六ヶ月のデットラインまでに骨盤ケアをしてるかどうかの差なのです。

産後の骨盤ケアで有効なのは、先ほど紹介した骨盤ベルトをると同時に、骨盤補正ストレッチなどのボディメイキングをすることです。

出来るだけ産後早めのケアが、今後の体型を決めるといっても過言ではないので、出来るだけ早くはじめるようにしましょう。

▼今売れててる骨盤ベルトはコレ!(公式サイト)▼



産後ダイエット方法おすすめbest3まとめ

産後ダイエット、妊娠中ダイエットは出来る限り早めに正しい方法で行うことが成功の秘訣です。

何から初めてわからない場合は、こちらで紹介した方法を是非ためしてみてくださいね。

綺麗でスリムな美人ママを目指して頑張りましょう!

絶対に痩せたい方へ

『ダイエットがうまくいかない…』

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

『どうにか痩せたい…』

そう思う方も少なくないと思います。

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

☆下腹・お腹が気になる方へ
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼
理想のメリハリボディーを目指す方はコチラ

☆食べながら痩せたい!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼
キレイになって自信の持てる私になりたい!

☆スリム美人を目指す!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼
ワンサイズ小さい服が着たい方はコチラ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント