痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

8時間ダイエットを成功させる!失敗しない方法

8時間ダイエットを成功させる!失敗しない方法

痩せたいと思っても、ダイエットにはいろいろなルールや制約があって大変そう・・・と腰が重くなってしまう経験は誰しもあると思います。

なにを食べればいいの?量は?タイミングは?運動はどんなことをすればいいの?

専門的な知識がないと痩せられないんじゃないのかな・・・

そんな風に考えてしまう方に朗報です!

ルールは至ってシンプル、1日の食事を8時間以内に納めるだけで細くなれるという方法があるんです!

それがこれからお話しする「8時間ダイエット」。

その効果的な実践の仕方から注意点までしっかり確認して、細く美しいボディラインを手に入れましょう。

ライフスタイルに合わせて取り入れる

8時間ダイエットの基本は、その日最初の食事から最後の食事までを8時間以内に納めること。

そうする事で、食事をしない16時間の間は胃腸が休まり、毒素を体の外に出したり代謝をよくする機能が高まります。

また、空腹時は栄養を食べたものから取れないため、元々体についた脂肪などを分解してエネルギー源とする必要があります。

その時間を確保する事により体を絞っていくのがこのダイエット方法の主たる効果です。

そこで重要になってくるのが、ものを食べても良い8時間をどの時間帯に設定するのか、ということ。

基本的には昼~夜に掛けた8時間より、朝~夕方に掛けての8時間にしたほうが痩せる効果は高いです。

これは、夜になればなるほど、栄養素や脂肪を体に溜め込もうとする働きが強まるため。

ただ、現代人の生活はどうしても夜型になりがちですし、そんな中無理して朝型の8時間を設定しても、続けるのが難しくなってしまいます。

その理由から、私の考えでは、あくまで自分の生活において一番無理なく取り入れられる8時間を採用するのがおすすめです。

そこで、まず優先順位を決めましょう。

・朝食は抜きたくない!
・ランチこそ何よりの楽しみだ!
・晩酌をしないと1日が終わった気がしない!

このように自分にとってどの時間の食事が大切なのかを決め、それが含まれるように8時間を設定します。

例えば朝7時に朝食を食べないと辛い、という場合は午前7時~午後3時が食事を取れる時間になります。

午後3時までというのもちょっと・・・と思う時は、8時間ダイエットを始める前にまず1時間ずつ朝食を遅くしていって調整し、慣れてから始めるのも良いですね。

一度決めた8時間はできるだけ変えないほうが、体内遺伝子が

「○時以降は栄養が入ってこないから、体の脂肪を燃やすぞ!」

とスムーズに脂肪燃焼に入ってくれるので、より効果が出やすくなります。

そのためにも最初から無理のない時間設定をするのが大切です。

食べて良い8時間とそれ以降の過ごし方

まず意識してほしいのが、1日を通して水分をこまめに採るという事です。

水やお茶など、カロリーがないものであれば食事できない16時間の間にも飲んでOKですし、むしろ積極的に取り入れたいところです。

何故なら、水分は毒素を排出するのにとても重要だから。

ただ、16時間の間は胃になにも入っていない状態になるので、濃いお茶やコーヒーは胃を荒らしてしまう恐れがあります。

お茶を飲む場合は濃く入れないよう注意しましょう。

また、砂糖がたくさん含まれた飲み物も避けたほうが良いです。

糖分の多い飲み物が体に入ると、固形物でないためすぐに体に吸収され、一気に血糖値が上がってしまいます。

血糖値の急激な上昇や下降は体の「栄養を脂肪に換えろ」というスイッチを押してしまいますし、最悪糖のコントロールができなくなり、糖尿病になってしまうリスクもあります。

甘いジュースの他にスポーツドリンクや野菜ジューズなどにも糖分が多く含まれている場合があるので気を付けてください。

シボヘール

食べて良い8時間の間に意識するべき事は、ダイエット前より栄養過多にならないようにする、という事です。

食べられる時間が短いからといっていわゆる食い溜めをしようとしたり、これまでより高カロリーの物ばかり食べていては、ダイエット効果は出にくくなってしまいます。

あくまでこれまでの生活より高カロリーにならないよう注意しながら、よく噛んだり一食に掛ける時間を長めに取るなどして、満足感を感じられるよう食事してみてください。

満足感を大切にする事によって、食事をしない16時間の間も我慢しやすくなります。

効果が出やすくなる工夫あれこれ

まずは8時間以内に1日の食事を納めるという事に慣れるのが大切ですが、それに慣れてきたらより効果が出やすくなる工夫をしてみましょう。

まずは、エネルギー消費を高めてくれる食材を取り入れる事です。

一般的に言われているのは

・緑の葉物野菜
・赤身で脂肪の少ないお肉
・ナッツ
・卵
・乳製品
・精製されていない穀物
・色の明るい果物、ベリー類

こういったものです。

体に入ると代謝をよくしてくれる酵素がたくさん含まれていたり、筋肉の元になるタンパク質が多かったりする食べ物たちです。

特に赤身のお肉や卵などはタンパク質が豊富であり、筋肉の元になってくれるので積極的に食べたいところ。

筋肉をキープしておいたり増やす事ができると、ダイエットをやめた後のリバウンドを防いでくれたり、痩せやすい体質になる事ができるんです。

8時間ダイエットを成功させても、その後ふつうの食生活に戻った途端体重が元通り・・・というのでは意味がありませんよね。

そのためにも、筋肉を減らさない努力は重要になります。

同じくリバウンドを防ぎスリムな体をキープしていくため、軽い筋トレも取り入れておくのがおすすめです。

13~15回ほど繰り返すと疲れが溜まってくる程度の負荷を掛けてトレーニングすると無理なく筋肉をキープできるので、それを意識してダンベル運動をするのが良いですね。

ダイエット後も綺麗な体を維持するために、少しの筋トレは是非取り入れておけると有効です。

達成感を大切に

食事を8時間以内に採らなくてはいけないというのは、人によって大きなストレスになる場合もあると思います。

そういう時は辛さに目を向けるのではなく、その日1日をクリアできた達成感を大切にしましょう。

達成感を積み重ねていくほど、「今日もきっとうまくいく!」という気持ちになれますし、実際その通りになるものです。

8時間以内にしか採れない食事のありがたさも感じるようにしながら、空腹が辛い時に集中してできる作業をあらかじめ用意しておく、食欲を抑えてくれる柑橘系やグレープフルーツの香りを用意しておく、など工夫し、ダイエットを成功させましょうね。

絶対に痩せたい方へ

『ダイエットがうまくいかない…』

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

『どうにか痩せたい…』

そう思う方も少なくないと思います。

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

☆下腹・お腹が気になる方へ
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼
理想のメリハリボディーを目指す方はコチラ

☆食べながら痩せたい!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼
キレイになって自信の持てる私になりたい!

☆スリム美人を目指す!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼
ワンサイズ小さい服が着たい方はコチラ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント