痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

痩せるストレッチ

痩せるストレッチ

ストレッチをすると筋肉がやわらかくほぐれ、血行が良くなったり、疲れが回復しやすくなります。

血液のめぐりが良くなると、血やリンパに乗せて疲労物質を体外に出すことができ、また新鮮な酸素や栄養を筋肉に届ける事ができるからです。

疲労物質が溜まっているとむくんだり、脂肪が外に出ず停滞してしまいますから、血液のめぐりを良くする事はダイエットにも繋がります。

上手に痩せるストレッチを取り入れて、若々しくほっそりとした綺麗な体づくりを行いましょう。

また、簡単に痩せられる方法の記事もあるので、是非こちらも参考にしてみて下さい。

 

▼参考記事はコチラ▼
痩せる運動 一番簡単なのは?

 

 

ストレッチで痩せるしくみ

まず、人には体温を一定に保つしくみが元々備わっていますよね。

ストレッチをしてめぐりが良くなると、体中の末端まで血液が行き渡り、体の温度が上がります。

体表面までまんべんなく温度が上がると、その熱は空気中に放出されていきます。

熱は高いところから低いところに放出されますし、人の体温よりも気温のほうが基本的に低いですからね。

人の体から熱が逃げて行くと、なくした熱を補おうと体は熱をつくります。

 

熱を高める→空気中に熱が逃げる→その熱を補おうとカロリーを燃やして熱をつくる

 

こうした流れが繰り返される事で人は痩せていき、この流れを作ってくれるのがストレッチなのです。

基礎代謝や新陳代謝がアップし、カロリーを採っても体の中に溜め込みにくい体になれる、という訳ですね。

 

 

簡単にできるストレッチ

ストレッチで痩せるしくみが分かった所で、早速行い方を見ていきましょう。

まずは椅子に座ってできたり、日常の中で気軽に行いやすいストレッチからご紹介します。

 

前太ももの筋肉のストレッチ

真っ直ぐに立ち、片足を後ろに曲げ、手でつま先を掴んでお尻に引き寄せる。そこでストップし、5秒キープする。これを両足行う。

 

後ろ太ももの筋肉のストレッチ

椅子に浅く座って手は腰に。片方の足をぐっと前に伸ばす。伸ばした足のかかとは床につけて、つま先は上に向ける。次にもう片方の足も行う。

 

上半身のストレッチ

椅子に浅く座って片手をひざにおき、もう片手を上に向けて高く上げる。次は上げた手を膝に置き、反対の手を上に上げる。

 

背筋のストレッチ

両手を腰の後ろに持って行き、両手の親指と人差し指で逆三角形を作る。そのまま両肘を前後にパタパタと動かす。これを肩がほぐれるまで行う。立っても座ったままでもどちらでもOK。

 

腕の内側を伸ばすストレッチ

片手をまっすぐ前に伸ばし、手のひらを上に向け、反対の手で指先を下に曲げて自分の方に引きよせる。次は手のひらを下に向け、反対の手で指先を下に曲げて自分へ引き寄せる。これを反対の手も行う。

 

このような簡単なストレッチは勉強やお仕事の合間などに是非取り入れてみてください。

 

心身がリフレッシュするのを感じられると思います。

 

 

寝る前に行うストレッチ

次は、寝る前に行うストレッチです。

シボヘール

体を横にする必要がありますが、大きな筋肉に効かせる事ができるものですから、よりダイエットの効果は高まります。

寝る前に実行する事により、寝ている間も体が熱を生み出してくれる=寝ている間も痩せていく事ができますよ。

 

足のストレッチ1

仰向けに寝て、足を揃えて上に上げる。できるだけ足を真っ直ぐ伸ばせると効果的。足首とひざがくっついている状態を15秒キープする。

 

足のストレッチ2

仰向けに寝て足を上げ、限界まで広げる。膝から足首などが全て伸びているように。内ももが少し痛いくらいの状態で15秒キープする。

 

お腹のストレッチ

仰向けに寝て膝を90度程度に曲げ、手は頭の後ろで組む。そのまま手で支えるようにして、頭だけを持ち上げる。ヘソを見るようにし、足は開かないようにする。

 

全身の筋肉のストレッチ

うつ伏せに寝て、手と足をたがいちがいに上へ持ち上げる(右手と左足、左手と右足)。足はつま先までまっすぐに伸ばす。

 

寝て行うストレッチは最初、筋肉が慣れていないうちは姿勢のキープが難しいかもしれません。

秒数を減らしても構わないので、できるだけ正しいフォームをキープできるよう意識してみてください。

 

伸ばす所はきちんと伸ばす、曲げる所はきちんと曲げる事ができていないと、効かせたい筋肉が伸びず、力が分散されてしまいます。

 

これでは効果が低くなってしまいますから、注意しましょうね。

 

 

痩せるストレッチまとめ

人の筋肉は、運動する時はもちろん、立っているだけ、座っているだけでも伸び縮みしています。

 

収縮を繰り返すと筋肉が固まり、柔軟性を失ってしまいます。

 

そうするといらない物が体に溜まりやすくなるのはもちろん、体が冷えたりだるくなりやすくなったりします。

こうした状態に陥ってしまうと、改めて体を動かすのも億劫になり、ダイエットが大変なものと感じやすくなってしまうのです。

そうならないように、日頃の中で、少しだけでも体を伸ばすタイミングを増やしてみてください。

小さな努力の積み重ねこそダイエットには重要ですから、その意識でストレッチも取り入れていきましょう。

 

 

絶対に痩せたい方へ

 

『ダイエットがうまくいかない…』

 

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

 

『どうにか痩せたい…』

 

 

そう思う方も少なくないと思います。

 

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

 

 

☆下腹!お腹!即効痩せ!
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼

☆食べながら痩せる!!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼

☆即効スリム美人!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント