痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

エアロバイクの消費カロリーと有酸素運動で痩せる人と痩せない人の違いとは?

エアロバイクの消費カロリーと有酸素運動で痩せる人と痩せない人の違いとは?
シボヘール

ダイエットをしている人の中には有酸素運動の効果を狙って、エアロバイクに乗って運動をしている人もたくさんいることと思います。

頑張って毎日エアロバイクに乗っているのに、なかなか痩せないと感じることはありませんか?

また同じようにエアロバイクでダイエットしているのに、痩せる人がいるのに、なぜ自分は痩せないのかと考えることはありませんか?

痩せる人と痩せない人は何が異なるのでしょうか?

スポーツジムのエアロバイクの消費カロリーと有酸素運動で痩せる人、痩せない人の違いをご紹介していきます。

エアロバイクの消費カロリーは?

ダイエットを目的に有酸素運動を始めると、結果を早く出したいと思うことでしょう。

特に、エアロバイクを使って毎日有酸素運動を行っていると、「これだけ頑張っているのだから、結果が出ているだろう」と考える人も多いことだと思います。

エアロバイクの消費カロリーはどのくらいなのでしょうか?

運動の消費カロリーは、安静時に比べて何倍の代謝(カロリー消費)をしているかについてメッツ値という値をかけて計算することができます。

例えば、「歩く」「散歩」するのは、じっとしている安静時に比べ2.5倍の運動をしていると換算されます。

歩くことは2.5メッツの強さの運動をしていると考えられます。

エアロバイクについては、安静時に比べ、負荷ごとに3.5~8.8倍のメッツ値がかかります。

そして、このメッツ値を自分の体重や運動した時間に当てはめて計算していきます。

消費カロリー=メッツ値×体重×運動時間(1時間で1単位)×1.05という単位で計算することができます。

ここで、エアロバイクのメッツ値を体重55㎏の人が30分運動したと考えて、消費カロリーの計算をしてみます。

体重55㎏の人が軽めの負荷(30~50W)をかけて、30分間エアロバイク運動している場合は、3.5(METs)×55(㎏)×0.5(H)×1.05=101.0(㎉)

体重55㎏の人が中程度の負荷(90~100W)をかけて、30分間エアロバイク運動している場合は、6.8(METs)×55(㎏)×0.5(H)×1.05=196.3(㎉)

体重55㎏の人が重めの負荷(101~160W)をかけて、30分間エアロバイク運動している場合は、8.8(METs)×55(㎏)×0.5(H)×1.05=254.1(㎉)となります。

このように、同じ運動でもかける運動負荷が重ければ重いほど消費されるカロリーが増えてくることがわかります。

エアロバイクを使っているのに痩せない人の特徴

では、毎日エアロバイクで運動しているのに、痩せる人、痩せない人がいるのはなぜなのでしょうか?

痩せない人の生活習慣などを細かく見ていきましょう。

痩せる人と痩せない人は代謝がちがう!

人間は寝ている間も、呼吸をしたり、心臓を動かしたりして、じっとしていてもカロリーを消費しています。これを基礎代謝と言い、この基礎代謝が異なることで、全体的な消費カロリーも異なってきます。

エアロバイクなどで運動を行い、すぐに痩せる人はこの基礎代謝が高いことも要因の一つと言えるでしょう。

では痩せにくい人は基礎代謝が低いことも原因の一つと考えられますが、基礎代謝が低い人、つまり痩せにくい人の特徴は何なのでしょうか?

例えば手足が冷たく、いつも冷えを感じている人、汗をかきにくい人、基礎体温が低め(35℃台)、低血圧、顔色が悪い、生理不順や生理が重い人などが挙げられます。

また、この基礎代謝は年齢を重ねるごとに低下する傾向にあるため、これらの体質に加え、運動不足、年齢が高いなどの要因が重なるとダイエットを始めてもすぐに結果が得られないということになります。

脂肪を効率的に燃焼し、痩せるためには、まず、冷え性の解消や血行を改善していくために、エアロバイクなどの有酸素運動を定期的に続けていく必要があるでしょう。

食べ過ぎている、または、消費カロリーに比べ摂取カロリーが多い。

ダイエットは運動と摂取カロリーを見直すことが一番効率よく、また結果が出やすいと言われています。

特に、エアロバイクなどの有酸素運動を行った後は爽快感と運動を行った後であるため、空腹感を感じやすく、また「これだけ運動したから大丈夫」という安心感が生まれ、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

体重を1㎏減らすために必要な消費カロリーはおよそ7000Kcalです。

基礎代謝に使われるカロリーは生きているうえで必要なので、この7000Kcalは基礎代謝を増やすか、基礎代謝以外の運動消費カロリーで消費する必要があります。

摂取カロリーを極端に減らすと、体調を崩す事にもなりかねませんし、ダイエットを継続的に続けるためには、不向きです。

例えば、ご飯をお茶碗にいつもより少なめによそい、一緒に野菜やスープを付け加えることで、糖質を減らすうえ、満腹感を得られるようになります。

また間食を減らしたり、スナック菓子をやめ、ナッツや果物などに変えたりするなど、食事や間食の内容を見直すことが重要です。

摂取カロリーが基礎代謝と運動カロリーを上回ると、当然ですが結果は出ない上、痩せないということになります。

痩せない人は軽微な運動しかしていない!

久しぶりに運動を始めた人やダイエットを開始したばかりの人は、運動に慣れるまでの体力がついていないこともあり、急激に重い負荷をかけるよりも、軽い負荷をかけたほうが運動も続きやすく、長時間行いやすいのは事実です。

軽めの運動を長時間続けることで、持続力や体力が付きやすくなり、運動習慣も身に付くのですが、その分、運動負荷が少なく、消費カロリーも小さいのです。

エアロバイクを30分漕ぐことに慣れてきたら、少しずつ負荷を重くするようにしたり、エアロバイクの前後に筋トレを取り入れたりして、運動負荷を重めにしていくようにします。

また、駅1つ分歩く、買い物ではカートを使わない、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を利用するなどエアロバイクなどのジム系の運動以外にも運動負荷を増やすことを考えてみましょう。

短期間で結果を求めすぎている

ダイエットや有酸素運動は結果が出るとさらにやる気になることが多いため、運動を始めたばかりでもついつい数値を気にしがちです。

特に、エアロバイクなどの有酸素運動は、運動するのにある程度時間をかけて行うため、行っている人の「頑張った」という気持ちが大きく出やすいです。

しかし、エアロバイクの運動負荷を前述したとおり、30分頑張って100Kcal前後の消費エネルギーですので、すぐに効果が出にくいものです。

体重を1㎏減らす消費カロリーは7000Kcalとなると、かなりの時間を必要とすることがわかります。

ダイエットサイトなどの口コミを見ても、1か月で効果が見られることは少なく、効果が出た人のほとんどが2~3か月以上の長期にわたってエアロバイクなどの有酸素運動や筋トレ、食事制限を行っていることがわかります。

1日、1週間という短いスパンでエアロバイクなどの有酸素運動は痩せることを考えると、目に見えた効果が見られにくいため痩せるためには、少なくとも3か月以上の長期スパンで計画的に行っていくことで、見た目が痩せる、体重が減るようになって結果が見えてくるでしょう。

1か月で結果が出ないことであきらめない、1か月の数値にとらわれることなく、長期的に続けることが大切です。

エアロバイクを使って痩せる運動習慣を身に付けよう!


いかがでしたか?

エアロバイクなどでダイエットを始めると、結果が気になったり、一緒に始めた人が痩せるのを見て、疑問に思ったり、焦ったりする気持ちが湧いてくることがあると思います。

エアロバイクは自分の体調やタイミングで運動負荷の増減ができる優秀なダイエット器具です。

上手にこうした運動負荷を増やしたり、時間や頻度を増やしたりする事で、少しずつ結果がついてくるようになります。

こうした理論的なことを念頭に置き、痩せる人と比べることなく、自分自身の痩せたイメージを持ちながら毎日エアロバイクなどの有酸素運動を続けることで、痩せない人もしっかり痩せることができるのです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント