痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

痩せたいけど食べたい女性必見!太りにくい食べ物や食べ方と痩せる生活習慣とは?

痩せたいけど食べたい女性必見!太りにくい食べ物や食べ方と痩せる生活習慣とは?
シボヘール

食べることが大好きという女性は多く、ストレス解消や頑張った自分へのご褒美を食事やケーキなどを食べることで、ねぎらっているという方も少なくないでしょう。

食事とダイエットは密接に関係しています。

食事をする際に食べ方に工夫をしたり、痩せやすい食べ物やちょっとした生活習慣に気を付けたりするだけで、痩せやすい身体に変わっていきます。

また、ここでは太りにくい食べ物もご紹介していきます。

「痩せたいけど食べたい」という女性の方、ぜひ参考になさってください。

同じように食べても太りやすい人、太りにくい人の差とは?

ランチやビュッフェで同じようにたくさん食べても太らない人がいますよね?

反対にダイエットしていて、少ししか食べていないのにすぐに太ってしまう人もいます。

同じものを同じ量食べているのに、なぜ太ってしまう人と太らないひとがいるのでしょうか?

太る太らない人の差として考えられるのは体質の違いです。

生活しているうえで必要な基礎代謝が高い人は、食べたものがエネルギーとして消費されやすく、食べても太りにくいと言えるでしょう。

また、生活の運動負荷の高い人や立ち仕事や良く体を動かす仕事をしている人はこうした基礎代謝に加え運動強度(Mets)の高い人は、同じ体重であっても、筋肉量が多いため、生活をしているうちに、代謝していく消費カロリーが多いということが言えるでしょう。

さらに生まれ持った体質も太ることに関係していることもあります。

まず脂肪細胞の数が多いと、肥満になりやすい身体と言うこともあります。

この脂肪細胞は人の一生のうち3回増える時期があり、1番目は妊娠後期~胎児の時期、2番目は、生まれてから1歳までの間、3番目は思春期となっています。

妊娠中の女性は特に体重制限を厳しく言われることがあると思いますが、妊娠後期の急激な体重増加は母体にも負担がかかる上、生まれてくる赤ちゃんのプロポーションにも関係してきます。

また、生後間もない赤ちゃんも定期健診で、ミルクのあげ方や離乳食の与え方について指導されることがあります。

発育曲線(パーセンタイル)から大きくはみ出ていないか、チェックされます。乳幼児期の肥満は、その後の食生活や生活習慣にもかかわる上、病気などのリスクがあるからです。

また、成長期を迎えると、男性ホルモンや女性ホルモンが分泌され、成熟した身体に代わってきます。この時期に分泌される成長ホルモンは太る、痩せるに大きく関係してきます。

分泌されるホルモンが多いほど痩せる傾向にあるのです。

さらに、人の持つ褐色脂肪細胞の数によっても、痩せる、太るという体質に関係してきます。

褐色脂肪細胞は大人になるまでに決まるというのが定説ではありましたが、最近の研究では大人になっても褐色脂肪細胞が増えるということがわかってきました。

褐色脂肪細胞は肩甲骨やわきの下、首、心臓や腎臓付近に存在しており、この褐色脂肪細胞の中にカロリーを消費してくれるミトコンドリアが大量に存在するからです。

この褐色脂肪細胞が多い人ほど、痩せやすいことがわかっています。

そして、太りやすい人と痩せやすい人の決定的な違いとして、胃腸の消化吸収率の違いもあります。

食べても、胃腸が栄養素を吸収しにくい体質の人はいくら食べても太りません。胃腸の消化酵素などに違いがあるのが原因と思われますが、遺伝的な体質の人も少なくありません。

こうした体質の違いでも、同じものを食べても太る、太らないという結果になります。

太りにくい食べ物ってあるの?

太りにくい食べ物の代表食品は大豆です。大豆は植物性たんぱく質が豊富で、「畑の肉」と呼ばれています。

この大豆はアミノ酸を多く含む上、カロリーも低く食物繊維もたっぷり含まれているため、ダイエットしたい時の「お肉を食べたい」気分を助けてくれます。

また大豆に含まれるイソフラボンはむくみを軽減してくれ、血行を促す働きを持っているので、ダイエットにはピッタリです。

こんにゃくはカロリーが低く、食物繊維が豊富な食品です。ご飯に混ぜて食べるこんにゃくもあり、食べ方もさまざま工夫ができる食材です。

また、野菜もビタミン、ミネラルが豊富なので、ダイエット時の食事の際には必ず添えたい食材です。

動物性たんぱく質は筋肉を作るためには必要な栄養素です。ささみは特に脂身がなく、カロリーも低いので太りにくい食物のひとつです。

他に、タウリンが豊富なスルメイカなども上質な動物性たんぱく質が取りやすいです。

ダイエット中に口さみしくなった時には、スルメイカをおやつ替わりにするのも良いでしょう。

食物繊維が豊富なうえ内臓脂肪を分解してくれるコフキサンチンを多くふくむのは海藻です。サラダやスープにして食事に添えると、満腹感を得られやすいうえ、便秘防止にも役立ちます。

カロリーの低い食品としてキノコ類もダイエットには欠かせません。

野菜と一緒に蒸したり、スープに入れたりして食べると食べやすいです。

また、おやつにはアーモンドやクルミなどのナッツ類やフルーツをたべるようにすると、貧血予防やビタミンを手軽に摂ることができます。

太りにくい食事の習慣とは

食べるときのちょっとした習慣で太りにくくなることを知っていますか?

食べ物を食べると人の体内では血糖値が上昇していきます。

膵臓からインスリンが排出されます。このインスリンは血糖値を下げる働きをするのですが、血糖値を下げると同時に血中の糖分を脂肪に変えて体内にため込んでしまうのです。

空腹時に糖質の高い、パンや白米をすぐに食べてしまうと血糖値が急激に上昇しやすく、インスリンはどんどん体内に脂肪をため込むという図式ができてしまいます。

たくさん食べても太らない人は、こうした血糖値の急激な上昇を抑えるため、野菜やたんぱく質を先に食べるようにしています。

特に野菜や海藻などの食物繊維を多く含む食品はこの血糖値の上昇を穏やかにする働きがあります。

食事を摂る際には食物繊維の多い、野菜や海藻などを先に食べてからご飯やパンなどの炭水化物を摂るようにしましょう。

また、水分を多く摂ることで身体の老廃物を流しやすくなります。水分を多く摂ると身体がむくむのではと思い控える人もすくなくありませんが、実は逆効果です。

食事の際には野菜スープやみそ汁などを添えて水分を摂取しやすくするとともに、水を1.5~2リットル摂ることで痩せやすい体質になっていきます。

食事とちょっとした生活習慣の改善であなたも痩せ体質に

食事の内容や摂取の仕方で、痩せやすい身体になってきます。

太りにくい身体の人は、良く体を動かしています。

ちょっとした運動やストレッチを日常に取り入れることで、痩せ体質になってきます。

また、痩せ体質の方に多い、褐色脂肪細胞は例えばウォーキングで腕を少し大きめに振る、シャワーや入浴の際に、首の後ろを温めることで細胞分裂が起き、痩せやすい身体になってきます。

また、痩せホルモンである、成長ホルモンは夜の22時から深夜2時ごろまでに分泌が盛んになることから、このゴールデンタイムには必ず眠るようにします。

睡眠不足は太る原因とも言われています。

そのため、良質な睡眠を得るためには就寝時間22時までに設定するようにし、起きたら朝日を浴びて体内時計を整えていくようにしましょう。

寝る前のストレッチなどはこうした入眠しやすくなるとともに、血行を促進し、痩せやすい体質へ変えてくれます。

太りにくい食生活と生活習慣を身に着けてあなたも痩せる体質に

いかがでしたか?

太りにくい人がやっている簡単な生活習慣や食生活、食べ方を取り入れて、ダイエットがより効果的に行えるようにしていきましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント