痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

一週間で5キロ痩せる秘訣

一週間で5キロ痩せる秘訣

痩せる食べ方ルール

 

まずは基本として3度の食事のボリュームのバランス。

 

朝食は軽く、ランチはしっかり、そして夕食が軽めにというルールです。

 

朝食は腸のぜん動運動を促進し、お通じをよくしてくれます。

 

皮をむいた状態でにぎりこぶしぐらいの大きさのフルーツをとると、ビタミンの補充とデトックス効果があります。

 

 

 

ランチの良い取り方

 

ランチはしっかり食べましょう。

 

なるべくオフィスから出て、おいしいレストランで楽しいランチタイムを。

 

お昼にとったカロリーは午後の仕事で消費されるので、少々ボリュームがあっても大丈夫です。

 

 

 

夕食の良い取り方

 

ランチをボリューミーにした分、夕食は軽めに済ませます。

 

夕食後はそれほど体を動かすことはないので、食べた分が脂肪となって、体にたまりやすいからです。

 

 

 

ダイエット効果のある食事の取り方

 

食べ物はいずれもよく噛んで、ゆっくり味わって頂きましょう。

 

よく噛んで時間をかけて食べることで、血糖値の急上昇によるインシュリンの大量分泌を防ぐことができます。

 

インシュリンは脂肪をためるほうに働くホルモンですから、注意が必要なのです。

 

いきなりメインの料理から食べるのではなく、サラダや付け合せなどの野菜など、繊維質が多く、カロリーが低いものを先に食べると、血糖値の急上昇を防げます。

 

 

▼インシュリンって?▼

 

インシュリンとは血糖値を低下させるホルモンです。

 

インシュリンは血液中のブドウ糖を筋肉や脂肪細胞などに取り込ませ、肝臓や筋肉においてブドウ糖からグリコーゲンへの合成を促進し、肝臓におけるブドウ糖の産生や放出を抑え、脂肪細胞においてブドウ糖の利用を促進し、脂肪の合成を促進し、脂肪の分解を抑えます。

 

 

 

盛り付けで痩せる方法

 

ついつい食べ過ぎてしまうという方は、小さめのお茶碗やお皿に盛り付ける事です。

シボヘール

 

同じ量でも、大きなお皿にドンと盛り付けるより、小さなお皿に小分けにして盛りつけたほうが量が多く感じた経験はありませんか?

 

これは単なる目の錯覚などのですが利用しない手はありません。

 

いつもより小さめの器を準備して小分けに盛りつけて「沢山食べた」という満足感を得やすくなるのです。

 

実際、小さな器なら盛り付ける量も少なくてすみ、おかわりをしない限り食べる量もへって一石二鳥。

 

買ってきたお惣菜の場合も同じです。

 

容器のまま食べるのでなく、小さめの器に移し替えていただきましょう。

 

その際、できればお気に入りの器に盛り付ければさらに効果的です。

 

なぜなら満足度、幸福度がアップするからです。

 

残った分も、翌日に回して節約にもなります。

 

 

 

一週間で5キロ痩せるを叶えるには?

 

正しい食事の取り方に加え、運動、デトックスなど総合的に実践していく必要があります。

 

無理に食事を全てとらないのは逆効果。

 

健やかで綺麗に正しいダイエット方法で成功を目指しましょう。

 

 

 

 

絶対に痩せたい方へ

 

『ダイエットがうまくいかない…』

 

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

 

『どうにか痩せたい…』

 

 

そう思う方も少なくないと思います。

 

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

 

 

☆下腹・お腹が気になる方へ
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼
理想のメリハリボディーを目指す方はコチラ

☆食べながら痩せたい!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼
キレイになって自信の持てる私になりたい!

☆スリム美人を目指す!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼
ワンサイズ小さい服が着たい方はコチラ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント