痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

豆乳ダイエットで痩せる方法

豆乳ダイエットで痩せる方法

最近、話題の豆乳ダイエット。

運動などで長続きしない方も、この豆乳ダイエットで上手に痩せられた方が多くいるそうです。

そんな豆乳ダイエットで痩せる方法をご紹介いたします。

生理前の豆乳ダイエットで生理後に痩せようの秘訣

太りやすいと言われる「生理前」の7日間に豆乳を飲むだけで、実は生理後に体重を減らすことが出来るのです。

生理前は何故太りやすいかというと排卵期を過ぎると「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが減少し、「母ホルモン」と呼ばれるブロゲステロンが増加するため、とにかく体に栄養や水分を取り込もうとするそうです。

そのため、食欲が湧き、脂肪は燃えにくく、老廃物や水分が排出されないため、痩せにくくむくみやすくなります。

おまけに精神的に不安定になるため、食欲を抑えられない。

これでは痩せにくく太りやすいのも納得ですね。

しかし、豆乳を生理前に飲むことで生理前の「溜め込み」を抑える事ができるのです。

本来であれば

・生理前に余分なものを溜め込み(プラス)
・生理後に徐々に排出するため(マイナス)→普段はプラマイゼロになる。

生理後は「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが優位になるため、脂肪は燃焼、老廃物は排出されやすくなる。
「ダイエットするなら生理後1周間」とよく言うのはそのため。

しかし、生理前に豆乳を飲むことで

・生理前に脂肪や老廃物を溜め込まないようにすれば(ゼロ)
・生理後の燃焼・排出効果により(マイナス)→ゼロにマナイスになる!

元々の体脂肪が代謝されて痩せる。
生理前にためこまれるはずの余分な脂肪がなければ、生理後には代わりに「元々の体内脂肪」が代謝される!!

つまり、「いかに脂肪や老廃物を溜め込まずに生理を迎えるか」が鍵!
女性ホルモン落差を利用して一気に体重ダウン!女性にしかできないダイエットなのです。

なんで豆乳ダイエットで溜め込みを抑えられるの?の秘訣

豆乳には、生理前の溜め込みを防ぐ栄養素が沢山はいっています。
まさに、「生理前のためにある」食材です。
その豆乳の栄養分をご紹介いたします。

▼大豆サポニン▼
1.小腸での脂肪吸収を抑えてくれる
2.血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を洗い流してくれる
3.便を柔らかくしてお通じをよくしてくれる
小腸の絨毛(じゅうもう)が太くなると脂肪をたくさん吸収してしまうのですが、サポニンが絨毛を正常な大きさに戻してくれるので、小腸からの脂肪の吸収を抑えることができます。
さらに、脂肪を体外に流す働きもあるのです。

▼大豆イソフラボン▼
1.エストロゲン(美人ホルモン)と似た働きをする
2.エストロゲンが足りなければ補い、多すぎるときには減少させようと働く

▼大豆たんぱく▼
1.動物性食品に比べて低カロリーで基礎代謝を活発にする
2.体内での吸収・分解に時間がかかり、満腹感を得やすい

▼レシチン、ビタミンB群、マグネシウム▼
レシチン…脳の神経伝達物質を生成する
ビタミンB群…脳機能を維持する
マグネシウム…神経やホルモン分泌臓器などの働きを調整する
→イライラなどの精神的不安定を予防し、食欲コントロールに効果的

シボヘール

▼カリウム▼
むくみの原因となる過剰なナトリウムを排出

▼ビタミンE▼
毛細血管の血流を促し、血管に弾力をつけ、広げて、抹消まで血行をよくするはたらきがある

▼オリゴ糖▼
腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となる。
善玉菌を増やし、免疫力を高めて腸壁を刺激し便通をよくする

生理前一週間!豆乳ダイエットの方法の秘訣

至って方法は簡単、生理予定日の7~10日前から毎日、 朝食前に1パック(200ml)の豆乳を飲む。

昼食前や夕食前でもOKだけど、朝ご飯前に水分を摂ると腸が動いて便通がよくなるので、理想は朝。

食後ではなく食前に。なぜなら豆乳はGI値が低く、食事による急激な血糖値上昇を防いでくれるから。(血糖値が上がると体は「エネルギーが余っている」と判断し、脂肪を蓄えてしまう)

1日200ml程度にしてください。

▼注意点▼

あくまで「生理後に痩せる」ための下準備
飲んですぐ結果が出なくても焦らないこと。

1日200ml飲めば十分。摂り過ぎは禁物。
エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを大量に摂りすぎるのは好ましくない。他の栄養素同様、適量の摂取にとどめること。
食品安全委員会は、毎日欠かさず長期間摂取する場合の平均摂取量の上限値目安を「70~75 mg/日」としている。
無調整豆乳200mlに含まれるイソフラボンはだいたい50~60mlくらい。
日本人は、お味噌やお醤油など日常的に大豆を摂取する習慣があるから、豆乳を飲む量は200mlくらいがベスト。

生理が始まったら飲むのをやめること
健康上悪いわけではないけど、ダイエットしたいなら注意。
人間には、いかなる環境にも適応しようとする恒常性(ホメオスタシス)があるため、普段から豆乳を摂取すると、やがて体が吸収抑制に慣れてきてしまうと考えられる。
毎日集中的に豆乳を飲むのは生理前1週間にしたほうが、効率的なダイエットができる。



豆乳ダイエットで痩せる方法まとめの秘訣

豆乳ダイエットを上手に活用し皆さんも太りやすいと言われる生理前をダイエットのチャンスにしましょう!

全てのダイエットを願う方が健やかに綺麗に痩せる事を応援しています。

絶対に痩せたい方へ

『ダイエットがうまくいかない…』

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

『どうにか痩せたい…』

そう思う方も少なくないと思います。

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

☆下腹・お腹が気になる方へ
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼
理想のメリハリボディーを目指す方はコチラ

☆食べながら痩せたい!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼
キレイになって自信の持てる私になりたい!

☆スリム美人を目指す!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼
ワンサイズ小さい服が着たい方はコチラ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント