痩せる、痩せたい、魔法のダイエット方法

Read Article

潜在意識で痩せる!アファメーションダイエット

潜在意識で痩せる!アファメーションダイエット

皆さんは潜在意識で痩せるアファメーションダイエットというものをご存知でしょうか?

潜在意識とは引き寄せの法則とも近いものがあります。

これを上手く活用することで食欲を必要最低限に抑えることができたり、また体が自分で痩せようとする体質をつくりだし自然に痩せていく事ができる、とても効果的なダイエット方法です。

潜在意識とは?

皆さんは何かにチャレンジするときに「上手く行くかも…」と思ったことは自然と成功しやすくありませんか?

反対に「これはダメかも…」「失敗するかも…」と感じたことは体外上手くいかないはずです。

これは、心で強くイメージした事が、そのまま現実になりやすい法則にもとずいています。

潜在意識とか、こういったイメージを活用して、成功を促す方法です。

強く成功をイメージできれば、それだけ成功の確率があがるのです。

潜在意識で痩せるには?

潜在意識で痩せるには、まず潜在意識を引き出す方法をしらなければいけません。

まず潜在意識は届いたメッセージに素直に反応して、その現実を引き寄せるために働きつづけます。

ですから日常の中で自分の言葉と思考には注意しなければいけません。

どのような状況になっても、自分にとってマイナスになる言葉を絶対に使わないと心に決めて日常を過ごすことが重要です。

何気ない日常の中、無意識の中でも潜在意識はつねに働いているので、出来る限りポジティブな成功のイメージをもつこと。

この潜在意識で痩せるには常にダイエット成功のイメージを意識できる環境づくりが必要です。

例えば

・部屋に理想とするスタイルの芸能人のポスターなどをはっておく。

・ダイエット成功者の口コミなんかを読む。」

・自分が痩せた時、何をしたいか幸せな時間を考える。

などで成功、ポジティブなイメージを常に持ちつづけることです。

反対にネガティブな言葉や考え方はしないでください。

・痩せなかったらどうしよう…

・ダイエットは辛い…

・どうせ痩せない…

このように考えてしまうと潜在意識で成功はできません。

常に成功のイメージを強くもち、潜在意識で痩せましょう。

更に効果的なアファメーションダイエット

潜在意識の基本的な考え方、方法ができるようになったら次はより効果的な、アファメーションダイエットをしましょう。

アファメーションとはまず、「どんな自分になりたいか?」「何を実現したいか?」を考えます。

シボヘール

次に、「そのために必要な考え方は何か?」あるいは「それを妨げている考え方は何か?」を考え、必要な考え方を強化するか、もしくは、妨げとなる考え方を緩和するような文章を考えます。

アファーメーションの文章を作る時のポイントは、次の3点です。

1.肯定的な表現を使う

2.「~になる」という表現はしない

3.主語は「私」

これをアファメーションダイエットの文章の具体例でいうと

「私は日々、どんどん痩せている」

「私は毎日、スリムな体に近づいている」

とこのようになります。

「私は痩せている!」

も肯定的でアファーメーションの基本を守っていますが実際に痩せていない場合は、すこし現実味がうすく自分でもつよくイメージすることができないので、「私は日々、どんどん痩せている」のような肯定的であり現在進行形の文章がいいでしょう。

このアファメーションダイエットを鏡の前で実際に声をだして繰り返すと効果的です。

アファメーションダイエットを行う時間は自分が納得できる時間で問題ありません。

5分でも10分でも、人それぞれですので是非アファメーションダイエットをチャレンジしてみてください。

まとめ

このような潜在意識で痩せるアファメーションダイエットは、他のダイエット方法と合わせることで効果が倍増します。

心からのアプローチ、そして体からのアプローチで上手にきれいな体を手にいれましょう。

全てのダイエット成功を願う方が、健全で綺麗な体を手にいれる事を心より願っております。

絶対に痩せたい方へ

『ダイエットがうまくいかない…』

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

『どうにか痩せたい…』

そう思う方も少なくないと思います。

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

☆下腹・お腹が気になる方へ
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼
理想のメリハリボディーを目指す方はコチラ

☆食べながら痩せたい!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼
キレイになって自信の持てる私になりたい!

☆スリム美人を目指す!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼
ワンサイズ小さい服が着たい方はコチラ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント