夏までに痩せる方法

夏までに痩せる方法

この時期なると、毎年ダイエット人口はグッと増えます。

それは、やはりこれからやってくる「夏」を意識しているから。

この時期なると薄着になり、崩れたボディラインをだんだん人目にさらさなくてはいけなくなります。

このままどんどん薄着になっていき、夏になったら…!

そんな風に危機を感じているならば、ぜひこのメニューを試してみてくださいね。

この、夏までに痩せる方法を参考にすれば激的にダイエット効果が得られますので是非活用してみてください。

1週間目-食事制限

まずは食事制限を行い、それを癖づけていきましょう。

食事制限はダイエットの要であり、一番挫折しやすい部分でもあります。

だからこそ、まずは集中して食事制限やカロリーコントロールを意識し、それを癖にしていくことが大切です。

食事制限や運動、ボディラインを整えるマッサージなどを一度に初めると、モチベーションの高い間は良いのですが、

だんだん「辛い」「面倒」という気持ちが先立って、続かなくなってしまうのです。

食事制限の基本は「食べない」のではなく「何を食べるか?」「どうやって食べるか?」を考えること。

噛む回数を多くする

脳が満腹感を感じるまで、約20分かかります。

その20分のうち噛んでいる時間を長くすれば、食べる量は少なくても満足できるようになります。

一口40回噛むことで、15回しか噛まない人よりも12パーセント食事の量が減少したという調査結果も出ています。

起床1時間以内に朝食をとる

朝は体が一番活発になっていて、食べたものを消費する準備が整っています。

ある研究では、一日にとるカロリーの半分を朝食でとると、通常の3食で同じカロリーをとるよりも脂肪を落とす効果が2倍になったそうです。

逆に朝食を抜いてしまうと、代謝が悪くなり体重増加しやすくなりますので、少しでも何か食べたほうがダイエットには効果的です。

調理方法を見直す

人は栄養を十分にとらないと、満足できずに食べ過ぎてしまいます。

そのため食事の半分は生にするのが有効です。

もしくは、極力調理時間を短くした焼き料理、蒸し料理がおすすめです。

夜8時以降は食べない

人間が活動を始める朝に食べると消費効率がいいように、人が休む夜に食べたものは消費しにくい面があります。

朝食を多くし、昼、夜とだんだん減らすようにしていき、夜8時までに夕食を済ませましょう。

夜にどうしてもお腹が空いてしまったら、白湯やハーブティを飲むと落ち着きます。

食前に水分補給する

食事中に水分を取ると消化を遅くし、栄養を吸収する時間を長くしてしまいます。

タイミングとしては食事の15分前に飲むのが有効です。

空腹感が多少落ち着き、食べ過ぎを抑える効果もあります。

タンパク質と炭水化物を併せて食べる

血糖値が下がると人は何か食べたくなります。

炭水化物だけを食べるとインスリンの増減が短時間で急激に起こるため、血糖値もアップダウンし、すぐにまた何か食べたくなってしまいます。

しかし、タンパク質と炭水化物を一緒に食べると血糖値がおだやかに増減し、満腹感が長く続いてくれます。

2週間目-運動、エクササイズ

食事制限やコントロールが上手にできるようになり、それが無理なく習慣化したら、次は運動を取り入れていきましょう。

運動をするというと大がかりな事をするように感じるかもしれませんが、こちらも癖づけてしまえば

むしろ体を動かさないと気持ち悪い、と感じられるようになります。

そこでおすすめなのが「スクワット」と「踏み台昇降」。

どちらも太ももの大きな筋肉を動かす運動です。

シボヘール

体の中で大きな筋肉を鍛えたり刺激すれば、全身の大きなカロリー消費に繋がります。

スクワットのやり方

スクワットとは、立った姿勢から腰を落としてしゃがみ、また立ち上がる動作を繰り返す運動の事です。

同じ筋肉量を増やすなら、腹筋500回=スクワット15回に換算できるほど負荷の大きい動作です。

肩幅に足を開いて立ち、胸を張ってまっすぐ前を見ます。

手を前にまっすぐ伸ばし、そこから腰を落としていきます。

腰を落とすときはお尻を後ろへ突き出すようにし、ひざが足のつま先より前に出ないようにします。

太ももが地面と平行になるくらいまでかがんだら、ゆっくり立ち上がります。

これを5~10回×2~3セット行いましょう。

踏み台昇降のやり方

踏み台昇降とは、小さな台を上ったり下りたりする運動です。

筋力・身長に応じて5~30cmくらいの台を用意し、それを一定のリズムで上り下りします。

これは筋トレというよりも有酸素運動に近いので、長い時間できるほど効果的。

最初は20分くらいから初めて、徐々に長くするようにしましょう。

負荷が少ないと感じるようになったら、手に水を入れたペットボトルやダンベルを持つなどすると負荷を増やせます。

かなり汗が出る運動なので、水分補給は忘れずに。

3週間目-キープ・リバウンドの防止

ここまで実践してくることができれば、かなり引き締まった体になれているはずです。

しかし、実は一番油断大敵なのが、この3週間目なのです。

成果が出たことに安心してすぐに元の生活に戻ろうとしてしまったり、

少しくらいならと食事を増やしてしまったり。

そうなると、これまで作ってきた体が元通りになろうとしてしまいます。

そこで、3週間目は

「どんな生活をすれば今の体型をキープできるのか」

を研究する時間に充てましょう。

これまでしてきた食事制限やコントロール、運動を少しずつゆるめていき、

どの程度までなら体型に影響が出ないのかを研究するのです。

例えば食事ならば50カロリーずつ増やしてみてデータを取っていく、

運動ならば行う間隔を空けてみて、何日ごとに運動すれば体型キープができるのかデータを取っていく、といった形です。

もちろん、更に細くなりたいという方は食事制限や運動を続けたり、レベルアップさせるのも1つですね。

ボディラインの細かい調整をするため、気になるところをお風呂の時によく揉むようにする、というのもおすすめです。

「自分がどんな体型でいたいのか」を明確にし、そこへ向けての動きをしていきましょう。

夏までに痩せる方法まとめ

今の時期から夏にかけての3週間をこのように使えれば、夏には胸を張って綺麗な体を披露できるはずです。

そのイメージを保つようにし、モチベーションを切らさないように続けていきましょうね。

絶対に痩せたい方へ

『ダイエットがうまくいかない…』

『どんなダイエット方法をやっても三日坊主…』

『どうにか痩せたい…』

そう思う方も少なくないと思います。

絶対に痩せたいと思う方は下記の記事を是非、参考にして下さい。

☆下腹・お腹が気になる方へ
▼お腹ダイエットはコチラをクリック!▼
理想のメリハリボディーを目指す方はコチラ

☆食べながら痩せたい!
▼サプリダイエットはコチラをクリック!▼
キレイになって自信の持てる私になりたい!

☆スリム美人を目指す!
▼ダイエットグッズはコチラをクリック!▼
ワンサイズ小さい服が着たい方はコチラ

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント